第8回研究会

 大学ICT推進協議会 教育技術開発部会 (AXIES EdTech部会) では2018年10月16日(火)に第8回研究会を京都にて開催いたします。本部会では、2017年度からテーマを設けた研究会を企画していますが、今回は”プログラミング”とし、プログラミング全般に関して議論を深めたいと考えています。
会場となる京都リサーチパーク(KRP)の代表的施設である京都高度技術研究所阿草所長からは、今のソフトウェア開発技術に対する考察をお話いただき、ゲストスピーカーの南山大学 蜂巣先生からは、大学の教育現場での問題解決のGood Practiceに関するご講演を予定しています。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

開催日: 2018年 10月 16日(火)13:30-16:30
場 所: 京都市下京区中堂寺粟田町 京都リサーチパーク4号館ルーム1
主 催: 大学ICT推進協議会
定 員: 100名
参加費: 無料
参加申込: Google Form
氏名等が入力ができない場合には、お手数でもスマホなどをご利用ください。
申込締切: 2018年 10月12日(金)15:00 *定員になり次第締め切らせていただきます。

プログラム:

13:30 – 14:00 Opening Remarks 
地域情報化とASTEM  概要
KRP(Kyoto Research park)は大阪ガスのガス製造工場の跡地利用として、1990年初頭に開発が始められた。現在は400組織を越える会社、研究機関、支援組織が集結している。 ASTEM(京都高度技術研究所)は京都市、京都府、民間企業の出資を受け、開所当初よりKRPの代表的機関として活動を進めてきた。開所まもなくは計算機利用の拡大に伴って、関西地区の企業からの受託研究や、中小企業のIT化支援などの業務を進めた。また、市民の情報化支援として公的なプロバイダー事業も実施した。現在は中小企業の支援事業を中心とし、行政関連の技術支援を行なっている。 KRP、ASTEMの概要を述べるとともに、プログラミング教育の研究会ということで、40数年の情報教育に携わったものとして、期待することを述べる。
 

 阿草 清磁 (京都高度技術研究所 所長)

14:00 – 14:50 招待講演
ソフトウェア工学の知見を生かすプログラミング教育 (仮題)
 蜂巣 吉成 (南山大学 教授)
14:50 – 15:00 休憩
15:00 – 15:40 研究セッション1
IoTとLMSによるプログラミング環境 -KOOV- (仮題)
 ソニー・グローバルエデュケーション
15:40 – 16:20 研究セッション2
LMSとLTI連携するプログラミング自習システムの展開の可能性 (仮題)
 藤井 聡一郎(法政大学)
16:20 – 16:30 まとめ
常盤 祐司 (部会主査、法政大学)

問合先: 部会事務局 Mail: sig-edtech-apply@axies.jp